商品一覧

Domenico Fantin 1987

ASK


商談中
SOLD OUT
調整・試奏して出荷致しますので、安心して直ぐに演奏していただけます。

商品詳細

制作地
Varese / Italy
制作年
1987
メーカー
Domenico Fantin 1987
サイズ
4/4
ボディレングス
755mm
アッパーバウツ
352mm
ミドルバウツ
232mm
ロウアーバウツ
435mm
商品番号
ITK-TTNY-VC44
状態
Fine

備考

気持ち小ぶりのチェロです。
7/8サイズでお探しの方や構えやすく弾きやすいチェロをお探しの方向け。
プロの演奏者が探し求めている方が多い製作者の一人です。
低弦〜高音まで柔らかく伸びがあり音量も十分にあり、そして音も出しやすく弾きやすさも兼ね備えているチェロです。


その他サイズ
リブ:110㎜
弦長:695㎜

鑑定書:Roberto Collini

Domenico Fantin
ドメニコ・ファンティンはヴァレーゼで生まれました。彼はそこでマエストロ アリオダンテ コッジにヴァイオリンを師事し、音楽アカデミーを卒業し、その後演奏家として名を馳せました。その傍らヴァイオリン製作に強い関心を持ち、ヴァイオリン製作の道に入りました。

1970年代、ファンティンは現在も住んでいるインドゥーノ・オローナにアトリエを構え、理想的な音の探求に絶え間なく専念しています。

長いキャリアの中で、ドメニコ・ファンティンはクレモナの古典的な伝統に従い、600 以上の楽器を製作してきました。
ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロを彼自身のデザインで製作し、ストラディヴァリとガルネリ デル ジェスの楽器のコピーとそれらにインスパイアされたモデルも製作しています。彼はまた、ストラディヴァリ、ガルネリ デル ジェス、グァダニーニ、ベルゴンツィなどの一流メーカーの楽器の修復とセットアップも行ってきました。

ドメニコ ファンティンの楽器は、スカラ座フィルハーモニー管弦楽団 (ミラノ)、サン カルロ劇場管弦楽団 (ナポリ)、ベルリン フィルハーモニー管弦楽団、シカゴ交響楽団など、ヨーロッパやアメリカの主要なオーケストラで演奏されています。
ファンティンは、1969 年にバイオリンを 1 台購入したユーディ メニューインや、2 台の楽器を所有しているウト ウギなどの偉大なソリストのために楽器を作ってきたことを誇りに思っています。ファンティンのバイオリンを演奏する他の奏者は、キャロライン・アドマイトとクリスチャン・キム・シッツマンです。

ドメニコ・ファンティンは、音響的に最も共鳴する木材、完璧な建設技術、最適なワニスを探すために、50 年にわたるケアと経験を注ぎ込みました。
これらすべてが、彼の楽器が優れた響きに貢献しています。

彼は、Ruggiero Ricci が CD The Legacy of Cremona (2001) で演奏した 18 人の現代製作者の 1 人です。

Domenico Fantin は A.L.I. のメンバーです。 (プロのバイオリン製作者のイタリア協会)。