ストラディブログ
欧羅巴徒然紀行
November 7, 2003

第10回トリエンナーレ 2003.10.04-10.12

クレモナのトリエンナーレは3年に1回開催され、今年は10回目になります。マエストロ達による楽器審査(非公開)、公開音響審査(垂れ幕の内側で演奏者が最終審査に残った楽器を順番に演奏。演奏される曲は小品や協奏曲のごく一部。一般客も無料で試聴できますが、垂れ幕のためどの楽器かわからない仕組みになっています)を経て結果発表。その後、入賞作の展示会が行われます。
今回の結果発表・授賞式ならびに展示会場はSanta Maria della grazieでした。

■Ente Triennale Strumenti ad Arco - Liuteria a Cremona

1枚目:会場入口2枚目:展示場3枚目:同上

今回入賞作

●バイオリン部門
第1位
Jan Spidlen
チェコ共和国
1967年11月プラハ生まれ

第2位
Jan Spidlen
同左

第3位
Davide Sora
イタリア





バイオリン部門第1位のJan Spidlen氏は、音響特別賞「Walter Stauffer賞」、「Unione
Liutai Artisti Polacchi賞」も同時入賞。もう1台がバイオリン部門第2位と製作技術特別賞「Amministrazione
Provinciale賞」。合計5つの賞を受賞する快挙を成し遂げました。
●ビオラ部門
第1位該当なし

第2位
Danuta Pawlikowska
ポーランド

第3位
Zhang An
中国










●チェロ部門
第1位Raymond Schryer
カナダ
1961年2月生まれ

第2位
Ulrich Hinsberger
ドイツ

第3位
Silvio Levaggi
イタリア










●ベース部門
第1位該当なし

第2位
Marco Nolli
イタリア

第3位Marco Nolli
同左

●バイオリン部門

第1位
Jan Spidlen
チェコ共和国
1967年11月プラハ生まれ

第2位
Jan Spidlen
同左

第3位
Davide Sora
イタリア

バイオリン部門第1位のJan Spidlen氏は、音響特別賞「Walter Stauffer賞」、「Unione
Liutai Artisti Polacchi賞」も同時入賞。もう1台がバイオリン部門第2位と製作技術特別賞「Amministrazione
Provinciale賞」。合計5つの賞を受賞する快挙を成し遂げました。

●ビオラ部門

第1位該当なし

第2位
Danuta Pawlikowska
ポーランド

第3位
Zhang An
中国

●チェロ部門

第1位Raymond Schryer
カナダ
1961年2月生まれ

第2位
Ulrich Hinsberger
ドイツ

第3位
Silvio Levaggi
イタリア

●ベース部門

第1位該当なし

第2位
Marco Nolli
イタリア

第3位Marco Nolli
同左

過去の入賞作

1976
1979
1982
1985
1988
1991






1994
1997
2000

1976

1979

1982

1985

1988

1991

1994

1997

2000

最近の記事
October 11, 2018
July 27, 2018
October 20, 2017